アミノ酸はタンパク質とどう違うの?

筋肉について調べていると、アミノ酸とタンパク質という成分が出てきますが、これらの違いって何かわかります?以外と知らないアミノ酸とタンパク質の違いについて解説してきます!
MENU

アミノ酸はタンパク質とどう違うの?

アミノ酸とタンパク質ってよく目にするけど、違いがよくわからないという方も多いかなと思います。

 

実は、タンパク質を構成している最小単位の物質がアミノ酸です。アミノ酸がたくさん集まってつながるとタンパク質になり、タンパク質を分解するとアミノ酸になるということです。

 

何となくイメージできますか?

 

筋トレの必須アイテムのプロテイン(最近はHMBサプリに圧され気味ですが)はタンパク質ですよね?このプロテインをトレーニング後に飲むと、体内で分解され最終的にはアミノ酸という形で吸収され体内で利用されます。

 

ただし、アミノ酸というのは、約500種類もあるのですが、このうちのわずか20種類のアミノ酸でタンパク質を作られているのです。

 

タンパク質の一種なのにアミノ酸独自の特徴が!

アミノ酸は、タンパク質の構成要素の1つですので、その特徴も同じと思いますよね?

 

ところが、面白いことにアミノ酸の中には独自の特徴を持っているものもあります。

 

例えば、有名な成分「アルギニン」というアミノ酸には血管を拡張する効果が期待できます。また、「リジン」というアミノ酸は成長ホルモンの分泌を促進させる効果が期待できたりします。

 

必須アミノ酸

「必須アミノ酸」ってよく耳にすると思いますが、タンパク質を構成している20種類のアミノ酸のうち9種類の体内で合成することができない「アミノ酸」のことです。

 

この9種類の必須アミノ酸は特に重要と言われているのです。

 

この必須アミノ酸は筋肉作りや体作りには欠かせない成分です。体内では合成することはできないため、食事から摂るか、サプリメント等から摂るかいずれかの方法で摂取することが大切です。

 

 

このページの先頭へ